【突発性難聴@情報ガイド】 - 症状・原因・治療編


>> 自宅で1日9分の簡単なトレーニングで改善!!難聴は自分で改善できます♪
>> 【難聴を自宅で簡単に改善するプログラム】 ⇒ まずはコチラをご覧ください


【難聴について】 難聴の種類

それでは早速難聴の種類、つまり具体的な種類の難聴をそれぞれ解説していきたいと思います。

・感音性難聴
この難聴は内耳やそれ以降の神経系に障害が見られるものです。
聴き分けが困難なために、言葉が聞き取れない、間違って聞こえてしまうなどの症状が見られます。
最も多く聞かれるものとしては、多人数では会話が難しいといったケースです。

・伝音性難聴
この難聴は外耳や中耳の機能障害により、音が伝わりにくくなるものです。
しかしながら、まったく聞こえないというものではなく、声を大きくすれば言葉の聞き取りも可能な状態となっています。
ですから通常は補聴器を活用して日常生活を送ることが多いようです。
また手術を含め治療による聴力改善の可能性がある難聴ともされています。

さて以上の2件を解説してきましたが、まだ伝音性・感音性の両方の機能障害がある難聴というものがあります。

これを「混合性難聴」と言いますが、これにおいても詳しく解説していきたいと思います。

・老人性難聴
この難聴は加齢によって引き起こされる感音難聴であり、内耳にある蝸牛の機能が低下するなどが原因とされています。
また中枢神経の機能が落ちてくることで言葉の判断力が悪くなるといったものも原因として考えられているのです。
こちらの難聴も補聴器を用いたりして日常生活を過ごすようになっています。

・突発性難聴
この難聴は何の前触れもなく突然、片一側の耳が聞こえなくなる難聴とされています。
感音性に分類される難聴となっていますが、原因は不明な部分が多いようです。
考えられるものとして、ストレスやウイルス、内耳の循環障害説等があるようです。

これだけの種類が難聴にはあるのです。


>> 自宅で1日9分の簡単なトレーニングで改善!!難聴は自分で改善できます♪
>> 【難聴を自宅で簡単に改善するプログラム】 ⇒ まずはコチラをご覧ください



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2017 【突発性難聴@情報ガイド】 - 症状・原因・治療編 All Rights Reserved.